春🌸入学🌸入社🌸ママ🌸特別な日🌸セレモニースーツの選び方?
2016.3.22 Tuesday

coolにchange

パーソナルプロデュース

イメージコンサルタントのこすもです。

ご訪問ありがとうございます。

春です🌸受験シーズンや卒業シーズンが終わり、

いよいよ新スタートの季節です。

入学や入社の準備は整いましたか?

友達の息子も無事合格して大学入学が決まりました。

ホッと胸を撫で下ろし気が抜けた感じ〜‼

とママはのんきにしてますが…入学式はすぐよ〜。

息子のスーツはどんなのがいいの?

何を買えばいい?どこまで揃える?などなど

クエスチョンは山盛り〜👔

で…、息子の準備は整ったけど、ママのスーツは決めたの…???

きゃーっ💦どうしましょっっっ?

な〜んて先日の楽しい女子会でのひとコマです(笑)

入学式シーズンになるとショップにはスーツコレクションが並びます。

特別な日に普段着る事のないお洋服を選ぶのって大変ですよね〜。

そこで入学シーズン

セレモニースーツ選び

のワンポイントアドバイス〜

まずは、明るい色かシックな色か…を選びます。

image

明るい色は柔らかい雰囲気や優しそうな印象になります。

明るい色のスーツでもキリッとしたシャープな印象にしたいなら、

出来るだけジャケットの襟が細いものや、

マットな質感より少し光沢のある質感にすると、

明るい色でも甘すぎないシャープな着こなしになります。

逆にシックな色のスーツは無難になりすぎるので

意外と注意‼が必要です。

マットな素材やツィードなど質感に変化を持たせる事で、

クラシカルな高級感を出したり

ツィードのような凹凸のある素材でキュートな着こなしにもなります。

スーツの形(フォルム)はそんなに変わりはないので

色や素材が印象の決め手になります。

もう一つの注意点は 『丈感』‼

スカートの丈、ジャケットの丈、袖の長さなど…

スカート丈は膝丈くらいが式典には相応しくエレガントです。

ひざから10センチ上がるだけで、印象はカジュアルにはなります。

ジャケットの丈も長すぎても短すぎても、バランスがとれません。

短くなるとカジュアルになりますし、

長すぎると野暮ったくなったりします。

新入社員のスーツも丈感をしっかり

チェックする事で

清潔感も誠実さもアピールできます。

 

同じようなテイストのセレモニースーツこそ、

自分らしく自分に合った着こなしを知っておくと、

ひと味違う「おしゃれママ」「好印象社員」になれますね〜✨

こんな時に何をどう着こなすか…

かわいく?

爽やかに?

フェミニンに?

華やかに?

カッコよく?

image

あなたは✨どーれ?✨

 

 

イメージチェンジに必要なのは…?脱ファッション迷子
2016.3.19 Saturday

coolにchange

パーソナルプロデュース

イメージコンサルタントのこすもです。

ご訪問ありがとうございます。

ずいぶん暖かくなりましたね〜。

それでも春物は、ちょっと肌寒く感じたりして

1年の中でも何を着たらいいのか悩む季節の変わり目です。

今回のお客様も、「寒がりでまだまだ春物にシフト出来ないんです〜。」

とおっしゃっていました。

今回お越し下さったのは女性のお客様です。

ブライト1DAY(マンツーマンレッスン)

image

 

カラー診断(フォーシーズン)や骨格診断もした事あるけど

何が似合うのか、いまいち分からない…。

カラー診断は3回したけど3回とも違う結果が出て

さらに分からなくなっちゃって…。

とお悩みでした。

年齢を重ねるごとに

『ファッション迷子』になられる方は意外と多いです。

10代、20代、30代、40代、50代、60代……と

その年代に相応しいファッションだったり

立場的に相応しいファッションだったり…。

好きで着ていたお洋服が

『なんだか似合わなくなったな〜???』

と感じる時期ってありませんか?

 

歳を重ねたからかな?

老けたからかな?

スタイルが変わったからかな?

と外見的に変わった事が原因だと思いがちですが

内面が変わった事も影響しているのです。

学生時代、友達との時間が楽しい頃と…

就職してビシバシお仕事にもえている時期と…

これから結婚をと考えている頃と…

結婚して子育てしている時と…

その時々環境が違うし求めているものも違います。

『なりたい自分』になるためには

その時、求めているゴールに合わせた外見内面が大切…。

今の自分が求めているゴールは…?

仕事が出来る女性?

親しみやすい女性?

女性らしい女性?

 

『ファッション迷子』になっているのは

実は…何をゴールにしているのかを

見落としているからだったりします。

だから何がゴールなのかを考える事が

大切だったりするのです。

コンサルティングで診断をする前に

簡単なカウンセリングをします。

色んなお悩みをお聞きしたり

何が好きで何が苦手なのかなど

色んな角度からその方の好みや理想を

しっかりキャッチし一緒にゴールを考えていきます。

そうする事で『目指す方向性』

『なりたい自分』を再確認し

内面に伴った外見をつくり

しっかりイメージ発信していくのです。

外見から「こんな人なのかな?」

イメージを伝える事でコミュニケーションはとりやすくなります。

メッセージ性を秘めた外見力を作ることこそ

『なりたい自分』に近ずく1歩なのです。

今回のお客様もゴールをしっかり決めて

イメージを作るための

カラーやメイクをレクチャーしました。

肌が綺麗に見える色を探し…

イメージに近づけるメイクをし…

変わっていく鏡の中の自分を見て「ちょっとした事で変わりますね~」

熱心にメイクやファッションの事をチェックされていました。

ワクワクしながらカラー診断に…

メイクレクチャーに…

image

コンサルティングに

没頭している私です(笑)

後ろ姿(後頭部)ばかりで失礼っっっ(笑)

 

 

 

 

 

イメージアドバイザー大阪校開講
2016.3.07 Monday

coolにchange

パーソナルプロデュース

イメージコンサルタントのこすもです。ご訪問ありがとうございます

4月上旬並みの気温になり花粉が爆発しています。先日花粉症のお友達に会うと、

花粉で頭がボーッとすると辛そうにしていました。

花粉症の皆さん気をつけて下さいね。

さて久々のブログですが

先日、大阪で開催した説明会のご報告です。

image

(イメージコンサルティングサロン La Trinite)

「外見診断システム」を使える

イメージアドバイザー養成講座

いよいよ

大阪で始まります。

イメージコンサルタント

カラーリスト

ネイリスト美容師など

さまざまな業種の方達の

アドバイスツールとして

取り入れて頂ける

「外見診断システム」

image

(もちろん、なにも資格がなくても必要な知識を必要な分だけ

取り入れてるのでアドバイザーになれます)

あなたはかわいいタイプだから

この色が似合いますよ。

この髪型が似合いますよ。と

アドバイスするのは誰でもできますが

何故「かわいい印象」なのか、

どうして「この色が似合う」のか

似合うものを提案する前に

提案する理由を理論で説明出来ることが

大事だと思うのです。

「理論」なんて言うと堅い感じがしますが…

感性や感覚のいい人には理論がなくてもなんとなく伝わります。

それは…勘がいいから…

だけど、おしゃれが苦手だったり

どうすればいいのか迷っていて分からない人に説明するためには、

感性や感覚は伝えにくいもの…。

だって形ないものでしょ?

だから説明する時に分かりやすい理由がいるわけです。

 

きちんと理論で説明できれば、

おしゃれに無頓着な人にも

思い込みやトラウマで悩んでいる人にも

変わる事に勇気が出なかった人にも、

「なるほど!!!」やってみようかなと思える材料を

バトンとして渡せるわけです。

診断する事を勉強するのは、もちろん重要です。

だけどもう一つ大切な事があります…

クライアントに診断を伝える事…

の大切さです。

そして伝える事の難しさはどんな業種でも大きな課題です。

『こすも的プロデュース』は

クライアントに寄り添うプロデュースである事が大事だと思っています。

image

ちゃんとバトンを渡したいから

見える化した診断結果は

クライアントにもアドバイザーにも

優しいツールなのです。

説明会にお越し下さいました

皆様に感謝…

ありがとうございました。